日本食菌工業
ご購入はこちら 定期便はこちら

ヒメマツタケの研究は、1965年の日本上陸以来盛んに行われ、
2000年代前半には「研究され尽くした」といわれるほどになりました。
現在、β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体を始めとした、ヒメマツタケに含まれる成分の有用性は、科学的に証明されています。

国産(沖縄県産)ヒメマツタケ100%使用

ヒメマツタケ成分 ヒメマツタケの力を惜しみなく摂取

日本ガン学会や日本薬理学会

注目・サイズ

大きいと小さいはどっちが良い?

【実は】サイズの違うヒメマツタケ(アガリクス)ですが、どちらも同じ品種です。
より良い物を選びたい時、どちらのヒメマツタケ(アガリクス)の方が良いか?それは、「小さい方」です。
なぜ小さい方がいいのか?
小さい物は、栄養分がギュッと濃縮されている状態です。 例えば、フルーツの大きいサイズの物を食べた時、大味で薄い味だと感じたことはありませんか?
ヒメマツタケ(アガリクス)も同じで、傘の広がっているものは栄養が薄まっている状態です。
キノコ類は繁殖の為に胞子を飛ばします。この胞子は、傘が開くことで拡散します。
つまり、傘が開く前というのは、拡散する為のエネルギーを蓄えている状態なのです。
傘が閉じている生命力が高い状態が、1番食べるのに最良の時と言えます。


注目・栽培環境

育て方はハウスと露地どっちが良い?

【実は】キノコ類は成長の際、土壌の影響を受けやすい植物です。 大地が汚染されていたら、その影響をダイレクトに受けてしまいます。また、天気にも左右されます。
雨が降らない時は、スプリンクラーを撒くなど、露地でも対策は取れますが、「すべてが高品質」なヒメマツタケ(アガリクス)へ育つことは難しいでしょう。 10本中1本が良く育った物だとして、サプリメントにする際は10本とも使っていては、 サプリメントの品質も下がるでしょう。 毎日、毎年常に同じ品質でお届けする為には、 デリケートなヒメマツタケ(アガリクス)は、露地栽培よりハウス栽培の方が適しています。 栽培環境にも注意して選ぶ必要があります。


注目・土壌環境

農薬栽培と無農薬栽培どっちが良い?

【実は】土壌環境による残留農薬が考えられるって、ご存知でしたか?
ヒメマツタケ(アガリクス)の栽培は「無農薬栽培」です。
しかし、注目すべきは「菌床」です。
栽培過程で、菌床に「いな藁」を敷いて育てる事が多いのですが…、「いな藁」というのは、残留農薬がおこりやすい植物です。 自然の恵みであるヒメマツタケ(アガリクス)を選ぶとき、もしも迷ったら、土壌環境にも注目して選ぶのも良いでしょう。
農薬使用してない植物を用いて、菌床を作っているほうが安心です。


注目・摂取方法

β-グルカンの摂取方法は、どれが良い?

【実は】β-グルカンは、身体に吸収されにくいとされています。その為、分子を小さくして摂取するというのが日本で多くみられます。
分子が大きく、身体に摂取しにくい方法と、小さくして威力を弱めて体に摂取する方法は、どちらがいいのか?
どちらも、最善ではありません。
せっかくならしっかり栄養を摂取していきたいですよね。そこで注目なのが、β-グルカンの細胞壁を壊したものです。
β-グルカンを小さくするのではなく、栄養素を包み込むバリアー部分を破砕するのです。 β-グルカンを摂取する方法については、たくさんの方法があるので、摂取方法にもこだわって選ぶのも良いでしょう。

日本食菌工業とは

  • 日本癌学会学術総会、
    Biotherapy誌など各種学会、
    専門雑誌で研究発表の
    実績がある、ヒメマツタケを
    使用しています。(※1)
  • β-グルカンには様々な種類があります。その中でも、ヒメマツタケにだけ含まれるβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、体内にしっかり吸収されるβ-グルカンです。
  • 日本食菌工業のヒメマツタケは、沖縄県うるま市にある専用の菌舎で、24時間体制の管理のもとに栽培されています。
    露地栽培のように、気候や土壌汚染のリスクに左右されない、安定した品質のヒメマツタケをお届けします。

ヒメマツタケへのこだわり

科学的なエビデンスを豊富に持つ「ヒメマツタケ」

ABPSに使用しているヒメマツタケは、ハラタケ属のキノコの1種で、
学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。
1965年にブラジルから日本に上陸して以来、ヒメマツタケに関する研究は様々な機関で行われ、
国内外での研究発表は50回(1980年~2003年)を超えています。
そして、今日に至るまで各種学会や専門誌で研究発表が続けられています。
ABPSは、科学的な根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を使用したサプリメントです。

ヒメマツタケ 研究発表の実績(※1)
1982年11月
第35回日本細菌学会関西支部総会(滋賀)
坦子菌類の抗腫瘍性について Agaricus blazei(ヒメマツタケ)由来
多糖体の抗腫瘍性
1984年 3月
第57回日本薬理学会総会(京都)
ヒメマツタケより得られた抗腫瘍性多糖体の作用操作について
(抗腫瘍性多糖の研究 第33報)
1986年10月
第45回日本癌学会総会(札幌)
ヒメマツタケ(Agaricus blazei)由来多糖体の腫瘍細胞への結合性について
(坦子菌由来多糖体の抗腫瘍性の研究 第37報)
1988年 9月
第47回日本癌学会総会(東京)
ヒメマツタケ由来多糖体(FⅢー2b)の抗腫瘍活性とその生物活性について
(坦子菌由来多糖体の抗腫瘍性の研究 39報)
1995年11月
第3回日本菌学会国際シンポジウム「キノコの研究最先端」
姫マツタケの抗ガン活性とマクロファージ活性
1996年10月
第55回日本癌学会総会(横浜)
Agaricus blazei「ヒメマツタケ」由来の新規蛋白質多糖体の抗腫瘍結果とその作用機作
2000年10月
Biotherapy 誌 第14巻 第10号 1009-1015
ヒメマツタケの抗腫瘍結果と生物活性

Agaricus blazei(アガリクス ブラゼイ)とは、ヒメマツタケの学名です。

その「アガリクス」は、「ヒメマツタケ」ですか?

キノコの分類 ハラタケ属 (総称 : アガリクス)

健康維持に役立つキノコとして注目されている「アガリクス」。
これは、「ハラタケ属」というキノコの分類を総称する言葉で、世界中で200種類以上のアガリクスが存在します。
私たちにも馴染み深いマッシュルームも、「ハラタケ属」であり、実はアガリクスのひとつなのです。
つまり、「アガリクス」という表記だけでは、数百種類のハラタケ属のどのキノコを指しているのか、厳密にはわからない、ということになります。
選んでいただきたいのは、長い間研究が続けられ、科学的な根拠が豊富なヒメマツタケです。
裏付けのあるヒメマツタケを日々の生活に取り入れ、はつらつと生きていくサポートに、ぜひお役立てください。

βグルカンへのこだわり

ヒメマツタケ特有のβ-グルカン

β-グルカンは、イキイキとした人生をサポートする成分として注目を集めている成分です。
ヒメマツタケには、キシログルカン、
β-ガラクトグルカン、ペプチドグルカンなど、
多様な成分が含まれています。
その中でも、ヒメマツタケだけに含まれる
成分:β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体
が、はつらつとした生活を取り戻す鍵です。  


▶ β-グルカンは吸収されない?
さまざまな種類があるβ-グルカンですが、その多くは分子量が大きく、体内へ吸収されにくいと考えられてきました。
しかしヒメマツタケ特有のβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は体内に吸収されるという性質があります。

▶ ヒメマツタケなら、体内にしっかり届きます
ヒメマツタケに含まれるβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、β-グルカンとタンパク質が結びついています。
この特殊な構造により、 β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は腸内から体内に吸収されます。
体内にしっかり届くβ-グルカンが、あなたに本来備わっている生き抜く活力をサポートします。

β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体の吸収をさらに高めました

これまで、ヒメマツタケに含まれる
β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、
堅い細胞壁に守られており、
利用するのが難しい成分だとされていました。

ABPSは、β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体が
よりスムーズに体内に吸収されるようヒメマツタケの細胞壁を砕き、
パウダー状にしました。
細胞壁が砕かれることで、食物繊維の一種であるキチン質なども、
体内に取り入れることができます。

栽培へのこだわり

ヒメマツタケは菌床の成分をどんどん吸収します。
もし、菌床が有害物質で汚染されていたら…
安心して口にすることはできません。

だからこそ日本食菌工業は、栽培から製造まで、すべて国内で行います

幻のキノコを安定供給へ

ヒメマツタケは、日中の気温は35度以上、
夜間は20度以上、湿度が高く定期的に豪雨に見舞われるという、厳しい環境でのみ成長します。
自生地のブラジル東南部のピエダーテ地方では
「幻のキノコ」と呼ばれ、大量生産は難しいとされてきました。
日本食菌工業は、長年の研究の末、ヒメマツタケの栽培に最適な気温、湿度を管理できる専用の施設(菌舎)を開発することに成功しました。
高品質なヒメマツタケを、安定して皆様にお届けいたします。

有効成分を最大限に引き出す土(菌床)づくり

地中の成分を吸収しながら育つヒメマツタケにとって、土(菌床)の状態は最も大切なポイントです。
菌床にもこだわり、ビタミンやミネラルを豊富に含むサトウキビバガス(サトウキビを絞ったあとの端材)や米ぬかなど、選び抜いた数種類の素材を使用し、栽培環境を整えています。
約2ヶ月という長い時間をかけて、丹念に準備した菌床で、ヒメマツタケの成分を最大限に引き出しています。

ヒメマツタケの収穫は、時間との戦いです。
自己分解酵素という酵素を持つヒメマツタケは、成長後に放っておくと、
数時間でドロドロに溶けてしまいます。
そのため、24時間いつでも収穫ができる体制を整え、
最適なタイミングで収穫作業を行っています。

収穫したヒメマツタケは直ちに洗浄され、乾燥させます。
収穫から乾燥に入るまでの時間は、わずか1分。
ヒメマツタケの豊富な成分を、 あますところなく製品にいかすことができます。

ヒメマツタケに携わって30年以上。栽培から製造までを手がける日本食菌工業から、直接お届けいたします。
喜びの声をご紹介します! ヒメマツタケ多糖体顆粒  ABPS(エービーピーエス) 製品情報
商品名
ABPS
名称
ヒメマツタケ加工食品
原材料名
ヒメマツタケ細胞壁破砕パウダー、ヒメマツタケ抽出エキス、サイクロデキストリン、ビタミンC、ブドウ種子抽出エキス
内容量
135g(3g×45包)(1日1~2包目安、約1ヶ月分)
賞味期限
製造より2年
保存方法
高温多湿を避け、冷暗所に保存してください。
栄養成分表示
1包(3g)あたり
熱量:10.90kcal、たんぱく質:0.91g、脂質:0.07g、炭水化物:1.67g、ナトリウム:0.19mg
 
内容成分表示
1包(3g)あたり
β-グルカン:220mg、プロアントシアニジン:60mg
 
お召し上がり方
そのまま水又は、白湯などでお飲みください。
お召し上がり量
1日に1~2包を目安にお召し上がりください。
販売者
日本食菌工業株式会社
ABPS誕生秘話と、乾燥姫マツタケ
ご購入はこちら
ABPS誕生秘話と、乾燥姫マツタケ 顆粒タイプ 原形乾燥タイプ ヒメマツタケについてわからないこと 電話サポート
日本食菌工業とは ヒメマツタケのその他の商品はこちらお問い合わせ

© NSK Co.,Ltd. All Rights Reserved.