日本食菌工業株式会社 姫マツタケオンラインショップ

ログイン カートを見る
TEL.045-620-4723(受付時間:平日9:00~17:00)
メールでお問い合わせ
全品送料無料

販売企業情報

日本食菌工業株式会社

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区
鶴屋町3丁目32番14

TEL:045-620-4723
FAX:045-620-4724

お電話、FAXでの
ご注文も承っております。

(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:045-620-4723

FAX:045-620-4724

HOME > 姫マツタケについて
姫マツタケについて

ヒメマツタケの歴史

姫マツタケは、もともとはブラジルのサンパウロ市郊外の山中に自生していたキノコでした。
姫マツタケが日本にやってきたのは、1965年ころ。
当時、現地で農業を営んでいた日系人の古本隆寿さんが「日本にはない珍しいキノコ」としてキノコ研究の権威者である、岩出亥之助農学博士(三重大学農学部教授)のもとに送ったことがきっかけでした。
その後、このキノコは「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という学名のキノコであることが判明しました。和名の「ヒメマツタケ」は、1982年の日本菌学会誌に掲載され、1987年には『原色日本新菌類図鑑』に、【学名:アガリクス・ブラゼイ・ムリル】【和名:ヒメマツタケ】として収載されました。

岩出亥之助博士は、ヒメマツタケを食用キノコとして人工栽培するための研究を進め、1974年ついに人工栽培に成功しました。日本とブラジルの気候、風土、土壌などの違いから、種菌の培養、さらに効率よく発茸させるには 10余年もの歳月を要しました。

ヒメマツタケは、「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という学名から、「アガリクス茸」と同一であると、長い間誤解されてきました。
しかし、 「アガリクス」というのは「ハラタケ属」という意味です。
つまり、「アガリクス茸」という名前の固有のキノコは存在せず、「アガリクス茸」の研究は行われていないのです。
「アガリクス」を意味する「ハラタケ属」には数百種類ものキノコがあり、日本国内のアガリクス(ハラタケ属)のキノコは37種類あります。みなさんにもおなじみのマッシュルームも、ハラタケ属のキノコです。

その「アガリクス」は、「ヒメマツタケ」ですか?

ヒメマツタケの研究

1965年にブラジルから日本に上陸して以来、ヒメマツタケに関する研究は様々な機関で行われています。
各種研究発表は国内外で50回を超えており、今日も続いています。
以下は、その豊富な研究発表実績の一例です。すべての研究発表は、「ヒメマツタケ」で行われていることがおわかりいただけると思います。
ヒメマツタケは、科学的なエビデンスが豊富なキノコといえるのです。

< ヒメマツタケの研究の一例 >

1982年11月
第35回日本細菌学会関西支部総会(滋賀)
坦子菌類の抗腫瘍性について Agaricus blazei(ヒメマツタケ)由来多糖体の抗腫瘍性
1984年 3月
第57回日本薬理学会総会(京都)
ヒメマツタケより得られた抗腫瘍性多糖体の作用操作について(抗腫瘍性多糖の研究 第33報)
1986年10月
第45回日本癌学会総会(札幌)
ヒメマツタケ(Agaricus blazei)由来多糖体の腫瘍細胞への結合性について
(坦子菌由来多糖体の抗腫瘍性の研究 第37報)
1988年 9月
第47回日本癌学会総会(東京)
ヒメマツタケ由来多糖体(FⅢー2b)の抗腫瘍活性とその生物活性につて
(坦子菌由来多糖体の抗腫瘍性の研究 39報)
1995年11月
第3回日本菌学会国際シンポジウム「キノコの研究最先端」
姫マツタケの抗ガン活性とマクロファージ活性
1996年10月
第55回日本癌学会総会(横浜)
Agaricus blazei「ヒメマツタケ」由来の新規蛋白質多糖体の抗腫瘍結果とその作用機作
2000年10月
Biotherapy 誌 第14巻 第10号 1009-1015
ヒメマツタケの抗腫瘍結果と生物活性

沖縄の自然が育む、日本食菌工業株式会社の純国産姫マツタケ

ヒメマツタケは、日中の気温は35度以上、夜間は20度以上、湿度が高く定期的に豪雨に見舞われるという、厳しい環境でのみ成長します。その成長環境の厳しさから、自生地のブラジル東南部のピエダーテ地方では「幻のキノコ」と呼ばれ、これまで大量生産は難しいとされてきました。

日本食菌工業は、長年の研究の末、ヒメマツタケの栽培に最適な気温、湿度を管理できる専用の施設(菌舎)を開発することに成功しました。沖縄県うるま市の菌舎では、米ぬかや沖縄産のサトウキビバガスなどの堆肥の上に土でウネ床を作り、その根元に種菌を接種する特殊なハウス栽培「ウネ作り法」を用いたヒメマツタケの栽培を行っています。

ヒメマツタケは、土の成分をどんどん吸収しながら育ちます。もしも、ヒメマツタケの育つ土が、有害な物質で汚染されていたら…?あなたは、そんなヒメマツタケを取り入れたい!と思うでしょうか?地中の成分を吸収しながら育つヒメマツタケにとって、土(菌床)の状態は最も大切なポイントです。日本食菌工業では、ヒメマツタケの土(菌床)づくりにも徹底的にこだわっています。菌床には、ビタミンやミネラルを豊富に含む沖縄のサトウキビバガス(サトウキビを絞ったあとの端材)や米ぬかなど、選び抜いた数種類の素材を使用します。これらの素材をヒメマツタケに最適な堆肥にするためには、なんと60日という準備期間を要します。約2ヶ月という長い時間をかけて丹念に準備した菌床が、ヒメマツタケの成分を最大限に引き出します。

PAGE TOP